荒野のおおかみ

上野俊哉 著

押井守は「大戦間期」あるいは「戦争と戦争の間の時期」の作家ではないか-。この刺激的な仮説のもとに押井監督の作品群をあらためて読み込み、テクストそのものの無意識を探る。ポストモダン以降の文化や表現のとがった部分がモダンそのものに内在しているというプロセスを掘り起こし、閉塞する現実、滅びゆく日本の社会と文化に「抜けない棘」のようにはたらきかける批評の挑発。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 犬と狼の間で
  • 第1章 アニメとしての映画、映画としてのアニメ-「作家」も「ジャンル」も投げ捨てろ
  • 第2章 アニメ的オートマトン-息を吹き込まれた自動機械/人形としてのアニメ
  • 第3章 犬人は狼男の夢を見ない
  • 第4章 転回のメタルスーツ
  • 第5章 荒野のおおかみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 荒野のおおかみ
著作者等 上野 俊哉
書名ヨミ コウヤ ノ オオカミ : オシイ マモル ロン
書名別名 押井守論
出版元 青弓社
刊行年月 2015.3
ページ数 196p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7872-1051-7
NCID BB18783179
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22570826
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想