レーニン哲学ノート  上巻

レーニン【著】;松村 一人【訳】

ヘーゲルその他の哲学書の要点を書き抜き、レーニン(1870‐1924)自身の考え、コメントを記した思索ノート。レーニンが哲学思想をどのように批判的に摂取していったか、とりわけ「対立物の統一」に弁証法の核心・真髄を見い出し、ここから弁証法的唯物論を発展させていくことを構想するにいたった思考の軌跡が端的に示されている。(全2冊)

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ヘーゲル『論理学』にかんするノート(有論
  • 本質論
  • 概念論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 レーニン哲学ノート
著作者等 Lenin, Vladimir Ilʹich
松村 一人
レーニン
書名ヨミ レーニンテツガクノート : ジョウカン
シリーズ名 岩波文庫
巻冊次 上巻
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.5.15
版表示 改訳
ページ数 298p
大きさ 15cm(A6)
ISBN 4003413474
NCID BN01815606
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想