年鑑 海外事情  2015

拓殖大学海外事情研究所【編】

[目次]

  • 第1部 地域別の2014年分析(アメリカ-アメリカは復活するか
  • 中国-法治を盾に既存権力のダイエットに臨む習近平
  • 台湾-「ひまわり学生運動」と統一地方選挙
  • ロシア-ウクライナ武力介入で「新冷戦」に
  • 朝鮮半島-体制固めが続く北朝鮮、対話の機会を探る韓国
  • 東南アジア-ポスト2015を見据えるASEAN
  • ヨーロッパ-頻発する周辺地域問題と露呈する自我の不安に悩める欧州連合
  • 中東-ISILの脅威が深刻化
  • アフリカ-「人間の安全保障」が問われる場
  • 日本-現実味を帯びてきた安倍長期政権)
  • 第2部 テーマ別の2014年分析(「イスラーム国」-イスラームから見た「イスラーム国」
  • ウクライナ問題-冷戦後の外交・安全保障政策見直しを迫られる欧州諸国
  • エボラ出血熱-「アフリカの病気」、世界の脅威に
  • 軍事技術-第3のオフセット戦略を支える防衛技術
  • 歴史問題-アメリカでの日米、および日韓・日中の歴史問題
  • 尖閣諸島をめぐる日中関係 削り取られる日本の国益
  • 拉致問題-交錯した期待と失望)
  • 第3部 資料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 年鑑 海外事情
著作者等 拓殖大学海外事情研究所
書名ヨミ ネンカンカイガイジジョウ : 2015
巻冊次 2015
出版元 創成社
刊行年月 2015.3.31
ページ数 263p
大きさ 26cm(B5)
ISBN 978-4-7944-4067-9
NCID BB15321825
※クリックでCiNii Booksを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想