法華経永遠のいのちの教え

北川前肇 著

道を求めて、法華経に学ぶ。古来より日本人に親しまれ、「諸経の王」とも謳われた法華経。柔らかな宗教的・信仰的立場から、法華経を深く丹念に読み解き、その神髄を指し示す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 説法のはじまり-序品
  • み仏の一大目的-方便品
  • 自己を見失っている私たち-譬喩品
  • 平等なる大慈悲を受けて-信解品・薬草喩品・授記品
  • 久遠の昔からの導き-化城喩品
  • 未来に向けられる仏のまなざし-五百弟子受記品・授学無学人記品・法師品・見宝塔品
  • すべての人々の成仏-提婆達多品・勧持品・安楽行品
  • 久遠のみ仏とその弟子たち-従地涌出品・如来寿量品
  • 永遠のいのちの功徳-分別功徳品・随喜功徳品・法師功徳品
  • 常不軽と名づけられた菩薩品-常不軽菩薩品
  • 未来への委嘱-如来神力品・嘱累品
  • 法華経信仰に生きる人々への守護-薬王菩薩本事品・妙音菩薩品等

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 法華経永遠のいのちの教え
著作者等 北川 前肇
書名ヨミ ホケキョウ エイエン ノ イノチ ノ オシエ
書名別名 Hokekyo eien no inochi no oshie
シリーズ名 法華経
出版元 春秋社
刊行年月 2015.5
ページ数 359p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-393-13582-2
NCID BB18726051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22597369
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想