擬音語・擬態語辞典

山口仲美 編

江戸時代の人は、鶏の鳴き声を「とーてんこー」と聞き、「東天紅」という漢字をあてていた-。「こけこっこー」という擬音語ひとつとっても、現代人の知らないことはたくさんある。古典からコミックまで豊富な用例とともに、類義語との使い分けも解説。オノマトペ研究の第一人者による実用性と文化史の厚みを備えた決定版辞典。約二〇〇〇語を収録。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 擬音語・擬態語辞典
著作者等 山口 仲美
書名ヨミ ギオンゴ ギタイゴ ジテン
シリーズ名 講談社学術文庫 2295
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 595p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292295-1
NCID BB18587807
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22565103
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想