中世芸能講義

松岡心平 [著]

経済活動の原動力としての「勧進」が芸能を包含していく過程。「天皇」制における祓穢思想と芸能の発生とのかかわり。位相の変化の連なりを集団の連関のなかで生み出す「連歌」のダイナミズムと美学。「禅」が孕む、バサラ的思想。超域的視点から史料を読み解き、日本中世文化の全容に迫る、画期的講義の記録を収録。各章末にはコラムを新たに設けた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 勧進による展開
  • 2 天皇制と芸能
  • 3 連歌的想像力
  • 4 禅の契機-バサラと侘び

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 中世芸能講義
著作者等 松岡 心平
書名ヨミ チュウセイ ゲイノウ コウギ : カンジン テンノウ レンガ ゼン
書名別名 「勧進」「天皇」「連歌」「禅」
シリーズ名 講談社学術文庫 2294
出版元 講談社
刊行年月 2015.5
ページ数 253p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292294-4
NCID BB18587501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22565102
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想