わたしのタンポポ研究

保谷彰彦 著

タンポポは、わたしたちだれもが知っている身近な草花だ。そのタンポポに、いま、異変が進行しつつある。雑種タンポポの登場だ。雑種タンポポは、見た目がセイヨウタンポポに似ている。クローンの種子を実らせるのもセイヨウタンポポと同じだ。ところが、都会に生えるタンポポの大部分は雑種タンポポなのだ。どうして雑種タンポポだけが増えるのだろう…?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本はタンポポの国(タンポポの生き方を知るために
  • タンポポの国、日本 ほか)
  • 第2章 タンポポのかたちと生き方(花や種子から生き方をみる
  • そっくりさん ほか)
  • 第3章 雑種タンポポの研究(都市に広がる雑種タンポポ
  • 種子は情報の宝箱 ほか)
  • 第4章 タンポポをもっと知るために(広がる外来生物
  • 変化をもたらす外来植物 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わたしのタンポポ研究
著作者等 保谷 彰彦
書名ヨミ ワタシ ノ タンポポ ケンキュウ
出版元 さ・え・ら書房
刊行年月 2015.5
ページ数 141p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-378-03916-9
NCID BB1887619X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22586404
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想