社会学のよろこび : 生活のなかから考える

玉水俊哲, 矢澤修次郎 編著

本書では、「社会学とは何か」あるいは「社会学の理論や考え方」を学ぶことの前に、私たちの日常生活のなかに生起する事柄から話をはじめることにした。しかも、難しい専門用語や社会学的概念によってではなく、誰でもが「そうだよね」と感じたり、「何これ!」と思うような日常的な言葉で考えている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ジェンダー・身体・セクシュアリティ
  • 第2章 マニュアル人間のゲームとドラマ
  • 第3章 変わりゆく結婚と家族
  • 第4章 昇給表のアシンメトリー-大企業の人事制度に見る競争と排除の構造
  • 第5章 環境問題のからくり
  • 第6章 "異文化"を"社会学する"-Are You "Doing Sociology" in "Intercultural Society"?
  • 第7章 メディア文化のポリティックス-メディアによって眼差される「私」とはいったい何者なのか
  • 第8章 テクノロジーのユートピアを超えて
  • 終章 社会学のよろこび

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会学のよろこび : 生活のなかから考える
著作者等 玉水 俊哲
矢沢 修次郎
井上 孝夫
伊奈 正人
吉田 誠
善積 京子
新原 道信
高橋 準
伊藤 守
書名ヨミ シャカイガク ノ ヨロコビ : セイカツ ノ ナカ カラ カンガエル
書名別名 Shakaigaku no yorokobi
出版元 八千代
刊行年月 1999.12
ページ数 256p
大きさ 21cm
ISBN 4842911255
NCID BA45530248
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20120204
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想