餅と日本人

安室知 著

なぜ正月に餅を食べるのか。元旦に雑煮を食べない地方もある。餅正月と餅なし正月。餅にまつわる風習に日本人のこころと文化を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論 民俗学者が餅の向こうにみたもの-柳田国男と坪井洋文
  • 1 餅正月をめぐって(民俗世界における餅の意義-その社会性に注目して
  • 雑煮の意味-家風と女性
  • モノツクリの象徴-米から金へ)
  • 2 餅なし正月をめぐって(餅なし正月の解明-複合と単一の視点から
  • 流行神と餅なし正月-餅なし正月の多面性(1)
  • 家例からみた餅なし正月-餅なし正月の多面性(2)
  • 作物禁忌からみた餅なし正月-餅なし正月の多面性(3))

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 餅と日本人
著作者等 安室 知
書名ヨミ モチ ト ニホンジン : モチ ョウガツ ト モチ ナシ ショウガツ ノ ミンゾク ブンカ ロン
書名別名 「餅正月」と「餅なし正月」の民俗文化論

Mochi to nihonjin
出版元 雄山閣
刊行年月 1999.12
ページ数 211, 5p
大きさ 20cm
ISBN 4639016549
NCID BA44627989
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20127095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想