子どもって、どこまで甘えさせればいいの?

山崎雅保 著

子どもは上手に甘えさせて育てましょう。大丈夫、いくら甘えさせても「甘ったれのワガママっ子」にはなりません。なぜなら、「甘えさせ」と「甘やかし」は別のものだから-。テレビで人気の"アインシュタイン先生"が教える、子どもがすこやかに育つ正しい「甘えさせ方」。豊富な事例とマンガでわかりやすい、すべての親必読の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもって、どこまで甘えさせればいいの?-「甘えさせ」と「甘やかし」の違いがわかる30のQ&A(子どもが抱っこをせがんできたら…
  • 親が忙しいときに、子どもがまとわりついてきたら…
  • 夜、一人で寝かせたいのに「一緒に寝て」といわれたら… ほか)
  • 2 なぜ、子どもの甘えを受け止められないの?-親の心を不自由にする15の思い込み(自分のことは自分でできなければならない
  • どんな友達とも仲よくしなければならない
  • 何事もがんばって取り組まなければならない ほか)
  • 3 どうすれば、もっとハッピーな子育てができるの?-甘えさせ上手な親になる7つのステップ(子どもの要求に「はい、いいよ」と応じる
  • 子どもが駄々をこねたらゆっくりと観察してみる
  • 子どもを上手に甘えさせられなかったら「ゴメンね」と謝る ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 子どもって、どこまで甘えさせればいいの?
著作者等 山崎 雅保
書名ヨミ コドモ ッテ ドコマデ アマエサセレバ イイノ
シリーズ名 二見レインボー文庫
出版元 二見書房
刊行年月 2015.6
ページ数 221p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-576-15076-5
全国書誌番号
22640209
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想