コマンド・カルチャー

イエルク・ムート 著 ; 大木毅 訳

米軍は独軍の教育システムをどう理解/誤解したのか。2011年度米陸軍歴史財団優秀著作賞受賞。米海兵隊司令官・米陸軍参謀総長による将校向け選定図書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 前触れ-合衆国とドイツの軍事関係ならびに大参謀本部幻想
  • 第1部 将校の選抜と任官(「同胞たる将校に非ず」-合衆国ウェスト・ポイント陸軍士官学校の生徒たち
  • 「死に方を習う」-ドイツの士官学校生徒)
  • 第2部 中級教育と進級(ドクトリンの重要性と管理運営の方法-アメリカの指揮幕僚大学校と見過ごされてきた歩兵学校
  • 攻撃の重要性と統率の方法-ドイツ陸軍大学校)
  • 第3部 結論(教育、文化、その帰結)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コマンド・カルチャー
著作者等 Muth, Jörg
大木 毅
Muth J¨org
ムート イエルク
書名ヨミ コマンド カルチャー : ベイドク ショウコウ キョウイク ノ ヒカク ブンカシ
書名別名 COMMAND CULTURE

米独将校教育の比較文化史
出版元 中央公論新社
刊行年月 2015.4
ページ数 397p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-12-004726-8
NCID BB18634871
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22588477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想