晴れ女の耳

東直子 著

「私」が外に出るときは、どんなに悪天候だったとしても必ず晴れる。ある日、耳の奥から声が聞こえてきた。声の主は、豆粒ほどの小さなおばあさんだった。おばあさんが、なぜ豆粒ほどに小さくなったのか-。訥々と語られる、貧しい炭焼き職人の一家の物語。夫殺しの罪を着せられた母が、幼い子どもたちのためにした選択とは…。哀しみと絶望の底にさす一筋の光をしなやかに描いた傑作「晴れ女の耳」。他、七つの怪談短篇集。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 晴れ女の耳
著作者等 東 直子
書名ヨミ ハレオンナ ノ ミミ
シリーズ名 幽BOOKS
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.4
ページ数 220p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-04-102956-5
NCID BB19018068
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22566809
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想