ものがたり日本列島に生きた人たち  9

網野 善彦【編】

民俗学と歴史学が交差してさまざまな人生を掘り起こす。人々が、その「生きる形」をつくり上げてきた道具や習俗に光をあて、なにげない日々の姿や、心のひだに迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦国武士における贈答の世界-『大和田重清日記』にみる
  • 2 もう一つの世界-人びとは墓地をどのように営んだか
  • 3 そして酒が飲めるようになった
  • 4 流浪する人たち
  • 5 海辺の人生-伊豆西海岸の漁民たち
  • 6 からくりの道具から見えた江戸時代

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ものがたり日本列島に生きた人たち
著作者等 伊藤 亜人
可児 弘明
大林 太良
宮田 登
小泉 和子
朝岡 康二
段上 達雄
河野 通明
白石 太一郎
盛本 昌広
神崎 宣武
神野 善治
網野 善彦
香月 洋一郎
書名ヨミ モノガタリ ニホン レットウ ニ イキタ ヒトタチ
巻冊次 9
出版元 岩波書店
刊行年月 2000.7
ページ数 277p
大きさ 19cm
ISBN 4000265296
NCID BA47525384
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20095134
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
民具と民俗 下 網野善彦
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想