時刻表昭和史

宮脇俊三 [著]

二銭の切符を買い、初めて子ども同士で山手線に乗ったのは小学一年生のときのこと。二・二六事件の朝も、いつものように電車を乗り継いで小学校に通い、「不急不要の旅行」が禁止された戦時下にも、父や級友と旅に出かけていた私は、終戦の日も敗戦後の混乱期も、時刻表通りに走る汽車や電車に乗り、車窓風景に見入っていた-激動の昭和と家族の風景、自らの青春の日々を、時刻表を通して振り返る、不朽の体験的昭和史。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 山手線-昭和8年
  • 特急「燕」「富士」「櫻」-昭和9年
  • 急行5列車下関行-昭和10年
  • 不定期231列車横浜港行-昭和12年
  • 御殿場線907列車-昭和14年
  • 急行601列車信越本線経由大阪行-昭和16年
  • 急行1列車稚内桟橋行-昭和17年
  • 第1種急行1列車博多行-昭和19年
  • 上越線701列車-昭和19年
  • 809列車熱海行-昭和20年
  • 上越線723列車-昭和20年
  • 米阪線109列車-昭和20年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 時刻表昭和史
著作者等 宮脇 俊三
書名ヨミ ジコクヒョウ ショウワシ
書名別名 Jikokuhyo showashi
シリーズ名 角川ソフィア文庫 L122-1
出版元 KADOKAWA
刊行年月 2015.4
版表示 増補版 改訂
ページ数 329p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-04-409482-9
NCID BB1934404X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22564777
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想