「格差拡大」とイスラム教

保坂俊司 著

「格差」が拡大するとなぜ、イスラム教徒が増えるのか?2030年には世界の3分の1はイスラム教に。アメリカ、アジア、そして日本…神社や仏寺に「モスク」が建つ日も遠くない!?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 格差拡大とイスラム教
  • 第2章 アメリカ、インド、アフガン…各地のイスラム化
  • 第3章 日本とイスラムの関係
  • 第4章 原理主義から見えてくるもの
  • 第5章 これからイスラムはどうなるのか
  • 第6章 イスラム教を知るための10のキーワード

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「格差拡大」とイスラム教
著作者等 保坂 俊司
書名ヨミ カクサ カクダイ ト イスラムキョウ : ニセンサンジュウネン セカイ ノ サンブンノイチ ワ イスラム キョウト ニ : ピケティ リロン カラ ミタ シュウキョウ チズ ノ ヘンボウ
書名別名 2030年、世界の1/3はイスラム教徒に : ピケティ理論から見た「宗教地図」の変貌

Kakusa kakudai to isuramukyo
出版元 プレジデント社
刊行年月 2015.4
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-8334-2130-0
NCID BB18738957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578513
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想