担保物権法

田髙寛貴, 白石大, 鳥山泰志 著

基本の丁寧な解説により担保物権法の根幹を理解できる。読めるから分かる、分かるからおもしろい。初学者でも知識・思考が無理なく身につき本当に分かったという実感がもてる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 担保物権法序説
  • 第2章 抵当権(抵当権の意義
  • 抵当権の設定と効力の及ぶ範囲 ほか)
  • 第3章 質権(質権の種類・意義
  • 動産質・不動産質 ほか)
  • 第4章 非典型担保(非典型担保とは何か
  • 譲渡担保 ほか)
  • 第5章 法定担保(先取特権
  • 留置権)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 担保物権法
著作者等 田高 寛貴
白石 大
鳥山 泰志
書名ヨミ タンポ ブッケンホウ
シリーズ名 日評ベーシック・シリーズ
出版元 日本評論社
刊行年月 2015.4
ページ数 194p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-535-80673-3
NCID BB18558412
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22559558
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想