地域のなかの軍隊  7

坂本 悠一【編】

明治初年以降、絶え間ない対外戦争で植民地を獲得してきた帝国日本。台湾・南樺太・満洲・朝鮮・南洋群島の旧植民地に、軍隊はいかに関わったのか?植民地支配の前衛を担った現地軍隊の動向を、地域ごとに追究する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 概論
  • 2 台湾
  • 3 南樺太
  • 4 満洲
  • 5 朝鮮
  • 6 南洋群島

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 地域のなかの軍隊
著作者等 今泉 裕美子
坂本 悠一
塚崎 昌之
庵逧 由香
徐 民教
朴 廷鎬
柳 教烈
竹野 学
近藤 正己
都留 俊太郎
金 慶南
書名ヨミ チイキ ノ ナカ ノ グンタイ
書名別名 帝国支配の最前線 : 植民地

Chiki no naka no guntai
巻冊次 7
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2015.5
ページ数 299,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-642-06479-8
NCID BB18478335
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22577959
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想