一九四六年憲法-その拘束

江藤淳 著

アメリカの影から逃れられない戦後日本。戦後憲法や日本の言説空間を覆う欺瞞、さらには戦後知識人の倒錯を鋭く批判し続けた江藤淳による、『閉された言語空間』とならぶ「日本戦後論」の代表作。幻の「『ごっこ』の世界が終ったとき」を収録した記念碑的名著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 一九四六年憲法-その拘束
  • 一九四六年憲法-その拘束・補遺
  • 「ごっこ」の世界が終ったとき
  • "戦後"知識人の破産
  • 憲法と禁圧
  • 憲法と禁圧・再説

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 一九四六年憲法-その拘束
著作者等 江藤 淳
書名ヨミ センキュウヒャクヨンジュウロクネン ケンポウ ソノ コウソク
書名別名 Senkyuhyakuyonjurokunen kenpo sono kosoku
シリーズ名 思想 13
文春学藝ライブラリー 13
出版元 文藝春秋
刊行年月 2015.4
ページ数 233p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-813041-0
NCID BB18573507
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22561578
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想