原価計算論

廣本敏郎, 挽文子 著

堂々の第3版。ものづくりからサービス業まで、実務をふまえて体系的に解説。世界に誇るべき日本企業の経営システムの根幹をなす原価計算の理論と実践。公認会計士試験等の学習にも最適。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 序論(原価計算の意義
  • 原価計算モデル)
  • 第2部 原価計算制度(原価計算制度の意義と基本構造
  • 取得原価の計算
  • 費目別計算 ほか)
  • 第3部 経営管理のための原価の計算と分析(CVP分析
  • 価格決定と原価計算
  • 原価管理の拡充 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 原価計算論
著作者等 広本 敏郎
廣本 敏郎
挽 文子
書名ヨミ ゲンカ ケイサンロン
書名別名 Genka keisanron
出版元 中央経済社
刊行年月 2015.4
版表示 第3版
ページ数 719p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-502-14401-1
NCID BB18481919
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22578132
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想