幻想の花園

谷川渥 著

何故、芸術は花を求めるのか?アルチンボルド、ヤン・ブリューゲル、ゴッホ、ボードレール、メイプルソープ、酒井抱一、葛飾北斎、三島由紀夫たち…古今東西の芸術家たちが描いた花々による「幻想の花園」。その謎多き花園を美学の泰斗・谷川渥とともに彷徨う。カラー図版100点以上。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 桜-詩的王国の花
  • 梅-「色」よりも「香」
  • 薔薇とチューリップ-カント美学の花
  • 花と香り-シェイクスピア・ブリューゲル・コンディヤック
  • ボードレールの「悪の花園」
  • デ・ゼッサントの「奇態」植物群
  • 「死んだ自然」-静物画と写真
  • 花鳥画の世界
  • ゴッホの花
  • 近代日本の薔薇の想像界
  • 三島由紀夫における松と薔薇
  • 「青い花」-非在の美学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幻想の花園
著作者等 谷川 渥
書名ヨミ ゲンソウ ノ ハナゾノ : ズセツ ビガク トクシュ コウギ
書名別名 図説美学特殊講義
出版元 東京書籍
刊行年月 2015.4
ページ数 239p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-487-80924-0
NCID BB18511124
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556485
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想