山田美妙集  第10巻 (評論・随筆 2)

山田美妙 [著] ; 『山田美妙集』編集委員会 編

[目次]

  • 大偉人加藤清正公
  • 嵩山堂発兌美術木板摺
  • 都門雑興の内
  • 美術世界第十五放言
  • 小説家番附の噂
  • 「藤の一本」と「落葉」
  • 社交一斑
  • 障子の硝子を拭ふ心得
  • 月花見立て
  • 『美妙新脚本 村上義光錦旗風』口上〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 山田美妙集
著作者等 『山田美妙集』編集委員会
山田 美妙
書名ヨミ ヤマダ ビミョウ シュウ
巻冊次 第10巻 (評論・随筆 2)
出版元 臨川書店
刊行年月 2015.4
ページ数 530p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-653-04140-5
NCID BB09076046
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22560142
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
あるのん物語 山田 美妙
いのり首 山田 美妙
くされ縁 山田 美妙
この子 山田 美妙
さすがに双紙 山田 美妙
しゞみうり 山田 美妙
たかせ川 山田 美妙
ぬれごろも初篇 山田 美妙
ばけぐすり 山田 美妙
ふくさづゝみ 山田 美妙
まあがれッと 山田 美妙
まことに憂世 山田 美妙
まつのしたつゆ 山田 美妙
みみずばれ : これが社会か 山田 美妙
わいるどむウあほオる : 一名外面如菩薩 山田 美妙
三美人三僧侶。 山田 美妙
丸二つ引新太平記 山田 美妙
人おどかし 山田 美妙
仁不仁 山田 美妙
仇を恩。 山田 美妙
以毒制毒 山田 美妙
信。恩田木工。 山田 美妙
元老排斥 山田 美妙
兜菊 山田 美妙
別天地 山田 美妙
勇少年獅子を殺す 山田 美妙
千里駿馬之助 : 徳川初年時代小説 山田 美妙
双丈夫 山田 美妙
古切手 山田 美妙
古根 山田 美妙
君子の腹 山田 美妙
嗚呼広丙号 山田 美妙
園の二葉 : 家庭教育 山田 美妙
大恥辱 山田 美妙
天野屋, 利兵衛 山田 美妙
好義人 山田 美妙
妖女身嗜みの内の一くさり 山田 美妙
嫁入り支度に教師三昧 山田 美妙
孫右衛門 山田 美妙
小杉直茂 山田 美妙
小櫻, 鎧之助 山田 美妙
峰の残月 山田 美妙
平八郎 山田 美妙
強くなりたがる猫の話 山田 美妙
後の残月 山田 美妙
後藤六郎太夫 山田 美妙
忍ぶ合ひ図の炭俵 山田 美妙
忘れぬ慈愛 山田 美妙
悪の善 山田 美妙
情詩人 山田 美妙
手真似の問答 山田 美妙
放蕩師薄馬鹿丸 山田 美妙
春園愁話 山田 美妙
柿山伏 山田 美妙
横澤城 山田 美妙
正本はむれツと 山田 美妙
武者魂 山田 美妙
泣くほど馬鹿 山田 美妙
炭ぐろ 山田 美妙
無名姫 山田 美妙
牢やぶり 山田 美妙
猿楽師園源助 山田 美妙
猿面冠者 山田 美妙
玉屋の廛 山田 美妙
白日鬼 山田 美妙
白玉蘭(別名壮士) 山田 美妙
盗賊秘事 山田 美妙
空行く月 山田 美妙
第1巻: 嘲戒小説天狗 山田 美妙
第2巻: いちご姫 山田 美妙
第3巻: 雪折竹 : 利休と太閤 山田 美妙
第4巻: 阿千代 山田 美妙
第5巻: 可憐狂 山田 美妙
笹りんだう 山田 美妙
籠の俘囚 山田 美妙
糸犬一郎 山田 美妙
素人洋食 山田 美妙
絶絃琴 山田 美妙
群虎 山田 美妙
腕だめし 山田 美妙
花ぐるま 山田 美妙
花の茨、茨の花 : 骨は独逸肉は美妙 山田 美妙
若白髪 山田 美妙
若葉の露 山田 美妙
葛の裏葉 山田 美妙
藪医者 山田 美妙
蝴蝶 山田 美妙
蝶のをしへ 山田 美妙
負傷兵 山田 美妙
賊の良心。 : 実話 山田 美妙
里見勝元 山田 美妙
金扣鈕 : 別名怠学生の犬源氏 山田 美妙
長久菖蒲草 山田 美妙
閻魔地蔵 山田 美妙
阿新丸 山田 美妙
零紅 山田 美妙
風琴調一節 山田 美妙
馬丁仙吉 山田 美妙
鰻旦那 山田 美妙
鼠おとし。 山田 美妙
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想