巨大古墳

森浩一 [著]

五世紀ごろに数多く作られた巨大古噴。謎の多い誉田山古墳(応神陵)、大山古墳(仁徳陵)など雄大な古墳が作られた時代の実態を、数々の発掘調査に携わった著者が鋭い史眼で解明し、さらに、多数の航空写真や図解によって、古墳時代・古代人からのメッセージを鳥瞰する。古代史ファン、研究者待望の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 仁徳陵から大山古墳へ
  • 第2章 空から見た巨大古墳
  • 第3章 地図と文献にあらわれた古墳群
  • 第4章 大山古墳を考える
  • 第5章 年代をさぐる
  • 第6章 河内平野の考古学

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 巨大古墳
著作者等 森 浩一
書名ヨミ キョダイ コフン : チスイオウ ト テンノウ リョウ
書名別名 巨大古墳の世紀

治水王と天皇陵
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 2000.8
ページ数 254p
大きさ 15cm
ISBN 4061594435
NCID BA47864528
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20093096
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想