社会的共通資本としての森

宇沢弘文, 関良基 編

森林環境と人間社会による森の利用は、濃密な相互作用を経て、各地域固有の文化と制度を形成してきた。政府対市場の二項対立を超え、皆で森を管理する制度資本の進化を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会的共通資本と森林コモンズの経済理論
  • 第1部 森は緑のダム(森林の保水力と緑のダム機能
  • 森林回復による治水機能の向上はダムに優る
  • 横川山の入会の変遷と「流域コモンズ」の可能性)
  • 第2部 森を育む思想と文化(コモンズとしての森林-学校林の歴史に宿るエコロジー思想
  • 地域と森林の時間軸・空間軸-流域圏と農山村の遺産
  • 平和の森-先住民族プナンのイニシアティブ
  • イノシシと日本人の関係史-自然領域と人間領域の適正な配分)
  • 第3部 森を支える制度(制度資本としてのコモンズ-政令指定都市の中の森林・林業を事例として
  • 自然災害リスク管理と保安林制度のあり方-オーストリア・チロル州の保安林改良事業と野渓監護事業を中心に
  • 林業労働者のキャリア形成支援と「緑の雇用」制度)
  • 森林を社会的共通資本とするために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会的共通資本としての森
著作者等 宇沢 弘文
関 良基
書名ヨミ シャカイテキ キョウツウ シホン ト シテ ノ モリ
シリーズ名 Social Common Capital
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2015.4
ページ数 331p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-13-030252-4
NCID BB18394574
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22572257
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想