「聴く」ことの力

鷲田清一 著

「聴く」-目の前にいる相手をそのまま受け止めるいとなみが、他者と自分理解の場を劈く。本書は、不条理に苦しむこころからことばがこぼれ落ちるのを待ち、黙って迎え入れる受け身の行為がもたらす哲学的可能性を模索する。さらにメルロ=ポンティ、ディディエ・アンジュー、レヴィナスなどを援用しつつ、ケアの現場や苦しみの現場において思考を重ねることで、「臨床哲学」という新しい地平を生み出した。刊行以来、多くの人に影響を与えた名著が文庫で登場。第3回桑原武夫学芸賞を受賞。植田正治の写真とともに贈る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 "試み"としての哲学
  • 第2章 だれの前で、という問題
  • 第3章 遇うということ
  • 第4章 迎え入れるということ
  • 第5章 苦痛の苦痛
  • 第6章 "ふれる"と"さわる"
  • 第7章 享けるということ
  • 第8章 ホモ・パティエンス

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「聴く」ことの力
著作者等 植田 正治
鷲田 清一
書名ヨミ キク コト ノ チカラ : リンショウ テツガク シロン
書名別名 臨床哲学試論

Kiku koto no chikara
シリーズ名 ちくま学芸文庫 ワ5-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2015.4
ページ数 277p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09668-5
NCID BB18434613
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22571393
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想