注意欠陥/多動性障害の研究史

Aribert Rothenberger, Klaus-Jürgen Neumärker 著 ; 池村義明 監訳

[目次]

  • 第1章 学問的文脈と政治的文脈から見た注意欠陥多動障害
  • 第2章 ADHS-学問的概念の歴史的展開の概要
  • 第3章 ADHSにおける将来の重点:就学前児童と臨床ネットワーク
  • 第4章 Kramer‐Pollnow賞-ドイツ生物学的児童青少年精神医学研究顕彰:年代記
  • 第5章 F.M.A.KramerとH.Pollnowの生涯と業績
  • 第6章 児童期における多動性疾患
  • 第7章 F.KramerとH.Pollnowの研究についての説明と解釈
  • 第8章 絵画集

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 注意欠陥/多動性障害の研究史
著作者等 Neumärker, Klaus-Jürgen
Rothenberger, Aribert
池村 義明
Neum¨arker Klaus‐J¨urgen
書名ヨミ チュウイ ケッカン タドウセイ ショウガイ ノ ケンキュウシ : ジダイ ノ カガミ ニ テラシテ ミタ クラマー ト ポルノウ
書名別名 Wissenschaftsgeschichte der ADHS

時代の鏡に照らして見たクラマーとポルノウ
出版元 アルタ
刊行年月 2015.3
ページ数 158p
大きさ 24cm
ISBN 978-4-901694-76-6
NCID BB18702949
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22642229
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ドイツ語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想