朝鮮日々記を読む : 真宗僧が見た秀吉の朝鮮侵略

慶念 著 ; 朝鮮日々記研究会 編

新視点で問い直す「慶長の役」。戦国末期を代表する戦場日記の全文翻刻と、頭註・補註、および気鋭の研究者による書き下ろし論考を収録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 『朝鮮日々記』本文(朝鮮日々記
  • 補註
  • 頭註・補註関係文献一覧)
  • 2 『朝鮮日々記』と慶念(『朝鮮日々記』の諸本
  • 慶念の生涯と文化的素養)
  • 3 『朝鮮日々記』を読む(丁酉・慶長の役戦場と慶念-『朝鮮記』と対比して
  • 慶念の系譜を探る-豊後・日向・三河
  • 善知識と「あさまし」の思想 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 朝鮮日々記を読む : 真宗僧が見た秀吉の朝鮮侵略
著作者等 慶念
朝鮮日々記研究会
書名ヨミ チョウセン ニチニチキ オ ヨム : シンシュウソウ ガ ミタ ヒデヨシ ノ チョウセン シンリャク
書名別名 Chosen nichinichiki o yomu
出版元 法藏館
刊行年月 2000.9
ページ数 385p
大きさ 22cm
ISBN 4831875260
NCID BA48374557
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20103432
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想