化粧を語る・化粧で語る

木戸彩恵 著

[目次]

  • 序章 化粧は語りである
  • 第1章 化粧する心-心理学的化粧観
  • 第2章 語りと文脈-ナラティヴの視点
  • 第3章 本書の視座、構成と目的
  • 第4章 研究1 化粧行為と宛先
  • 第5章 研究2 宛先の発達と変容
  • 第6章 研究3 化粧行為の形成過程
  • 第7章 研究4 文脈の変容に伴う化粧行為の変容
  • 第8章 化粧を語る・化粧で語る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 化粧を語る・化粧で語る
著作者等 木戸 彩恵
書名ヨミ ケショウ オ カタル ケショウ デ カタル : シャカイ ブンカテキ ブンミャク ト コジン ノ カンケイセイ
書名別名 社会・文化的文脈と個人の関係性

Kesho o kataru kesho de kataru
出版元 ナカニシヤ
刊行年月 2015.3
ページ数 195p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7795-0955-1
NCID BB18329051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22599725
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想