阿Qの連帯は可能か?

丸川哲史 著

今日の東アジアの「緊張」はどこに原因があり、どこから来たのか。東アジアで起きた十九世紀後半からの戦争と植民地支配、冷戦がもたらした傷を見つめ直し、来たるべき「東アジア共同体」の形成に向けて、新たな考察を展開。「朝鮮戦争に帰れ!」、「李小龍(ブルース・リー)と中国」、「台湾「反サービス貿易協定」運動の可能性と限界」、「済州島への歴史の旅」など、全20篇を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 戦争編(東アジア共同体の原点を求めて-日清戦争、朝鮮戦争と「永遠平和」
  • 朝鮮戦争に帰れ!-第二次朝鮮戦争と「核」を回避する力 ほか)
  • 2 文化編(李小龍(ブルース・リー)と中国
  • ドキュメンタリーフィルム作家・王兵の時空文体-現代中国史と『鉄西区』『和風鳴』 ほか)
  • 3 政治編(現代中国周辺問題の基本構造-チベットと台湾の間から
  • 日米安保体制と大陸中国/台湾 ほか)
  • 4 自治編(方法としての香港
  • 済州島への歴史の旅-東アジア冷戦/平和の起点 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 阿Qの連帯は可能か?
著作者等 丸川 哲史
書名ヨミ アキュー ノ レンタイ ワ カノウ カ : キタルベキ ヒガシアジア キョウドウタイ ノ タメ ニ
書名別名 来たるべき東アジア共同体のために
出版元 せりか書房
刊行年月 2015.4
ページ数 394p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7967-0340-6
NCID BB18518586
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22567794
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想