成長し衰退する脳

苧阪 直行【編】

子どもの社会脳はいかにしてはたらきはじめるのか?母子の絆の役割は?虐待や体罰は社会脳にどう影響するか?高齢者のワーキングメモリの低下や認知症のきざしはどう現れるか?社会脳からみた新生児脳の発達の秘密から高齢者の物忘れを防ぐ秘訣まで-ライフスパンにわたる脳の盛衰を行動と認知を通して俯瞰する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 メンタライジング(心の理論)の発達とその神経基盤
  • 2 乳児における脳の機能的活動とネットワークの発達
  • 3 乳児の顔認知の発達
  • 4 コミュニケーション行動の発達と障害
  • 5 母子の絆と社会脳
  • 6 子どもの認知的抑制機能と前頭葉
  • 7 社会脳からみた児童虐待
  • 8 加齢とワーキングメモリ
  • 9 認知症者と社会脳

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 成長し衰退する脳
著作者等 苧阪 直行
書名ヨミ セイチョウ シ スイタイ スル ノウ : シンケイ ハッタツガク ト シンケイ カレイガク
書名別名 神経発達学と神経加齢学
シリーズ名 社会脳シリーズ / 苧阪直行 編 8
出版元 新曜社
刊行年月 2015.3
ページ数 296,55p 図版15p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7885-1427-0
NCID BB18394858
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22568899
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
コミュニケーション行動の発達と障害 北洋輔, 軍司敦子
メンタライジング〈心の理論〉の発達とその神経基盤 ウタ・フリス, クリストファー・D・フリス, 苧阪直行, 金田みずき
乳児における脳の機能的活動とネットワークの発達 多賀厳太郎
乳児の顔認知の発達 大塚由美子
加齢とワーキングメモリ 苧阪満里子
子どもの認知的抑制機能と前頭葉 森口佑介
母子の絆と社会脳 利島保, 堀由里, 瀬戸山志緒里
社会脳からみた児童虐待 友田明美
認知症者と社会脳 池田学
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想