平和と和解

足羽與志子, 中野聡, 吉田裕 編

[目次]

  • 第1部 思想(マハートマー・ガーンディー晩年における「世俗主義」について
  • W・ジェイムズの反帝国主義-プラグマティズムと平和主義についての一考察
  • 自然の「美しさ」をめぐる争いと制度-アメリカ国立公園局によるミッション66計画を事例に
  • 育てる身体と感覚-『養蚕秘録』に見る人間と蚕の関係)
  • 第2部 経験(非政治的な価値をめぐる政治性-広島と人道主義
  • 十五年戦争と元・兵士の心的外傷-神奈川県の精神医療施設に入院した患者の戦後史
  • 黒人運動の「外交」-全米黒人向上協会(NAACP)、国際連合と冷戦
  • アメリカ合衆国における中東平和アクティビズムの形成-一九六七年以降のアメリカ・フレンド奉仕社会のアラブ・イスラエル紛争への取り組みから
  • 科学がうち消す被ばく者の「声」-マーシャル諸島核実験損害賠償問題をめぐって
  • 記憶をうしなった「たったひとりの生きのこり」六歳スペイン少女のその後-マニラ戦スペイン総領事館襲撃事件(一九四五))
  • 第3部 方法-シンポジウム「大規模暴力の語り方-日仏学際対話の試み-」から(フランス・ドイツの歴史研究における「極東」への関心
  • 行動の神経生物学と攻撃に関する個体群生物進化のいくつかのデータとそれが持つ意味について
  • トラウマを耕す-ドゥブリュ教授の報告への応答
  • 暴力の表象と文学ジャンルの倫理-ジョナサン・リテル『慈しみの女神たち』からカタルシスのリベルタン批評へ
  • 翻訳者の使命、あるいは虚構に倫理を見出すことの困難さについて-ダルモン教授の報告への応答
  • 討論から-クロード・ドゥブリュ+宮地尚子+有田英也+ジャン=シャルル・ダルモン+シャンタル・メジェ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 平和と和解
著作者等 Darmon, Jean-Charles
Debru, Claude
Metzger, Chantal
中原 聖乃
中野 聡
吉田 裕
宮地 尚子
有田 英也
菊池 美名子
足羽 與志子
中村 江里
佐藤 雅哉
寺崎 陽子
小阪 裕城
根本 雅也
沢辺 満智子
清水 由希江
荒沢 千賀子
間 永次郎
書名ヨミ ヘイワ ト ワカイ : シソウ ケイケン ホウホウ
書名別名 思想・経験・方法
シリーズ名 一橋大学大学院社会学研究科先端課題研究叢書 6
出版元 旬報社
刊行年月 2015.3
ページ数 414p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8451-1405-4
NCID BB18409128
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22563295
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想