わが母最後のたたかい

相田洋 著

1945年のあの日、「母のたたかい」は始まった。母親はいかに息子を守り、生きたのか。そして息子は、晩年の母といかなる時を分かち合おうとしたのか-壮絶な介護体験の向こうに、知られざる戦後史を紡ぐ、渾身のノンフィクション。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 遺されたメモ帳
  • 第2章 母の戦争-満州での日々
  • 第3章 遠隔介護
  • 第4章 踏み切った同居
  • 第5章 ゴールデン・フェスティバル
  • 第6章 半歩前進一歩後退
  • 第7章 別れの時

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 わが母最後のたたかい
著作者等 相田 洋
書名ヨミ ワガ ハハ サイゴ ノ タタカイ : カイゴ サンゼンニチ ノ シンジツ
書名別名 介護3000日の真実
出版元 NHK
刊行年月 2015.3
ページ数 447p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-14-081669-1
NCID BB18522936
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22562358
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想