「超」批評視覚文化×マンガ

石岡良治 著

巨匠や先駆者たちのキャラクター造形や物語構造などからマンガ独自の潜勢力を解放すると同時に、視覚文化のリアルを更新する注目の批評家の冒険!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 「形象」と視覚文化(拳と花-松本大洋『ZERO』について
  • マユの黒髪、繭の白-今日マチ子『cocoon』が開いたもの
  • すべては「にがおえ」になる-おおひなたごうのスタイル
  • 動物と植物に触れる-伊藤若冲の動植綵絵)
  • 第2部 作品世界の「媒介性」(魔法少女たちの舞台装置
  • 呪泉郷の潜勢力-「るーみっくわーるど」と『らんま1/2』
  • 「古街」世界のナビゲーション-安倍吉俊のイラストレーションについて
  • キャラクターと対象性-『クマのプーさん』における身振りの定式)
  • 第3部 「神話」を辿り直す(水木しげるの新しい学-妖怪イメージの体系と方法
  • 切片と投擲-『寄生獣』のシンボリズム
  • 異界の構造と変わっていく神話-諸星大二郎の『マッドメン』について
  • ミッシング・リンク-『機動戦士ガンダム THE ORIGINE』におけるモビルスーツの系譜と魅力
  • 『仮面ライダーディケイド』、旅の途中)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「超」批評視覚文化×マンガ
著作者等 石岡 良治
書名ヨミ チョウヒヒョウ シカク ブンカ マンガ
書名別名 Critical essays:manga and visual culture
出版元 青土社
刊行年月 2015.4
ページ数 264p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7917-6841-7
NCID BB18467372
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22557273
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想