人間存在の国際関係論

初瀬龍平, 松田哲 編

国際関係-それは「人間」の関係である。国家のあり方を根底から揺るがしたグローバル化の混迷と悲劇を乗り越えるには?「今ここ」に生きる一人の人間を出発点に、国際関係の新たな可能性を照らし出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 グーバル化と人間存在の変容(アメリカニゼーションとアメリカの「民主化支援」
  • 「対テロ戦争」の兵士と家族
  • イランと米国-「文明間の対話」論をめぐって
  • 新自由主義的グローバル化と福祉政策の衰退/再建
  • グローバリゼーションとアフリカの人々の暮らし-構造調整政策の影響を中心に
  • 負債の生政治-グローバルな債務関係についての一考察)
  • 第2部 人間存在の変容と国際関係の再編成(グローバル化と安全保障パラダイム転換-ガバナンスを問う安全保障観の形成過程
  • 平和構築と紛争予防ガバナンス-東ティモールの治安部門改革(SSR)を事例として
  • 子どもの権利と子どものための国際レジーム
  • インターネットの国際的な管理
  • 旧ユーゴスラヴィアの終焉と人間存在の変容)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人間存在の国際関係論
著作者等 初瀬 竜平
勝間 靖
吉川 元
土佐 弘之
定形 衛
山田 満
市川 ひろみ
戸田 真紀子
松田 哲
森田 豊子
筒井 洋一
菅 英輝
書名ヨミ ニンゲン ソンザイ ノ コクサイ カンケイロン : グローバルカ ノ ナカ デ カンガエル
書名別名 グローバル化のなかで考える
出版元 法政大学出版局
刊行年月 2015.3
ページ数 317,7p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-588-62528-2
NCID BB18287654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22581812
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想