英語英米文学研究

片平会 編

[目次]

  • レマン湖の二つの風景-『チャイルド・ハロルドの巡礼』第三巻
  • 東西思想を通底するもの-研究ノート
  • Wise Bloodについての論考
  • Joyce and the Jews in Two Irish Cities
  • 『アラバマ物語』に見る理想の父親像-女性原理の観点から
  • 『疑惑の影』再考
  • 頭韻詩に現れる形容詞-knightまたはmanとの共起を中心に
  • 『イェイツ氏との約束』を果たす-The Waterboysの例に見るポップ・カルチャーの中のW.B.Yeats
  • 日英比較からみた英語の最適テンポに関する一考察
  • Reexamining Carl Rogers' Whole Person Education in a Global Society〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 英語英米文学研究
著作者等 片平会
福尾 芳昭
海野 昭史
書名ヨミ エイゴ エイベイ ブンガク ケンキュウ : カタヒラ ゴジッシュウネン キネン ロンブンシュウ
書名別名 片平五十周年記念論文集
出版元 金星堂
刊行年月 2015.3
ページ数 463p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7647-1149-5
NCID BB18280484
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549522
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
1930年代のアメリカ 千葉義也
Concepts and materials in ESP Masashi Nagai
E.M. フォースターの作品における音楽の意味 原田靖也
Joyce and the Jews in two Irish cities Eishiro Ito
Late ME における'neck'の同義語について 砂澤健治
My fair ladyと音声学について 矢野矢容衣
Reexamining Carl Rogers' whole person education in a global society Teresa Kuwamura
Wise bloodについての論考 市川紀男
『アラバマ物語』に見る理想の父親像 伊藤太郎
『イェイツ氏との約束』を果たす 片岡由美子
『幕間』における母の不在 松原知津子, 松原智津子
『疑惑の影』再考 植竹大輔
オニールにとっての海 田村朋子
ギブソン・ガールとジーン・ウェブスターの女子大生 羽澄直子
シェイクスピア作品の研究手法 小林康男
フランス革命とメアリ・ウルストンクラフト 堀出稔
レマン湖の二つの風景 浅井三津恵
古英語散文『オロシウス』における形容詞, 副詞の最上級 山村誠治
国民文学, 世界映画としての「ラスト, コーション」 鈴木章能
型Dの状況下の不同意に見られるhedge 服部幹雄
定冠詞の成立とその背景 小池一夫
日本語を母語とする英語学習者向けの基本語彙と基本動詞 松久保暁子
日英比較からみた英語の最適テンポに関する一考察 神谷厚徳
東西思想を通底するもの 石川隆直
異郷への旅 鈴木美津子
私の学習と嗜好 福尾 芳昭
英語と中国語の主語の特質 船田秀佳
英語のなぞなぞの言語学的考察 後藤正紘
英語俳句翻訳の試み 中村秩祥子
頭韻詩に現れる形容詞 海野昭史
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想