ウクライナ危機の実相と日露関係

東アジア共同体研究所 編 ; 鳩山友紀夫, 下斗米伸夫, コンスタンチン・サルキソフ, 木村三浩, アナトリー・コーシキン, 高野孟 著

ウクライナ情勢、北方領土問題はどうなる。ロシア側からは問題はどう見えているか。日本の立場を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 緊迫するウクライナ情勢と日本
  • 第2章 ウクライナ危機から東アジアは何を学ぶか
  • 第3章 クリミアの現地で見たウクライナ内戦
  • 第4章 プーチン=悪者論で済ませていいのか?-ウクライナ/クリミア争乱の深層
  • 第5章 日露関係の未来を占う

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウクライナ危機の実相と日露関係
著作者等 Koshkin, A. A.
Sarkisov, K. O
下斗米 伸夫
木村 三浩
東アジア共同体研究所
高野 孟
鳩山 由紀夫
書名ヨミ ウクライナ キキ ノ ジッソウ ト ニチロ カンケイ : ウクライナ ジョウセイ ホッポウ リョウド モンダイ ワ ドウナル ロシア ガワ カラ ワ モンダイ ワ ドウ ミエテイルカ ニホン ノ タチバ オ トウ
書名別名 ウクライナ情勢、北方領土問題はどうなるロシア側からは問題はどう見えているか日本の立場を問う
シリーズ名 友愛ブックレット
出版元 花伝社 : 共栄書房
刊行年月 2015.3
ページ数 114p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7634-0732-0
NCID BB18486526
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22556108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ウクライナ危機から東アジアは何を学ぶか コンスタンチン・サルキソフ, 鳩山友紀夫
クリミアの現地で見たウクライナ内戦 木村三浩, 高野孟, 鳩山友紀夫
プーチン=悪者論で済ませていいのか? 高野孟
日露関係の未来を占う アナトリー・コーシキン, 鳩山友紀夫
緊迫するウクライナ情勢と日本 鳩山友紀夫, 下斗米 伸夫
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想