教養としての聖書

橋爪大三郎 著

今や宗教は基礎教養のひとつだが、実際に「聖書」を読み進めた人はどれくらいいるだろうか。本書では、六書をピックアップし、宗教社会学の大家がダイジェスト型式で解説。これを読めば、聖書の中身が七割方わかる!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講義 『創世記』を読む
  • 第2講義 『出エジプト記』を読む
  • 第3講義 『申命記』を読む
  • 第4講義 『マルコ福音書』を読む
  • 第5講義 『ローマ人への手紙』を読む
  • 第6講義 『ヨハネ黙示録』を読む

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教養としての聖書
著作者等 橋爪 大三郎
書名ヨミ キョウヨウ ト シテ ノ セイショ
書名別名 Kyoyo to shite no seisho
シリーズ名 光文社新書 743
出版元 光文社
刊行年月 2015.3
ページ数 335p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03846-5
NCID BB1835465X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22548110
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想