差別の現在

好井裕明 著

在日朝鮮人や韓国人の存在を否定するヘイトスピーチ。これらの言動を差別とする判決が最高裁で確定したが、それは私たちと無関係の出来事なのだろうか?「してはいけない」という次元に閉じ込めるのではなく、自分も思わず知らずに絡めとられていることに気がつくと、差別を、他人事としてではなく、より深く考えることができる。日常の出来事やテレビドラマ・映画などから、"差別と向き合うことの魅力"を提案する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 差別に向き合う「気」が、日常の「孔」から漏れていく
  • 第2章 差別‐被差別という二分法と差別する可能性
  • 第3章 「男たちのジェンダー」を考える
  • 第4章 他者を理解できる身体づくりへ
  • 第5章 当事者「研究」の可能性
  • 第6章 もう一人の「他者」として障害者を描く
  • 第7章 しなやかでタフな日常文化の創造へ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 差別の現在
著作者等 好井 裕明
書名ヨミ サベツ ノ ゲンザイ : ヘイト スピーチ ノ アル ニチジョウ カラ カンガエル
書名別名 ヘイトスピーチのある日常から考える
シリーズ名 平凡社新書 769
出版元 平凡社
刊行年月 2015.3
ページ数 253p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-582-85769-6
NCID BB18246103
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22639045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想