イギリス風景式庭園の美学 : <開かれた庭>のパラドックス

安西信一 著

「イギリス式庭園」ないし「風景式庭園」をめぐって、十七世紀から十九世紀のおもにイギリスで、歴史上類のないほど多くの庭園美学理論的な言説が現れた。本書はこれを精査することで、イギリス風景式庭園を支えた思想の歴史的展開を探るものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 楽園と普遍言語
  • 第1部 風景式庭園の淵源(十七世紀)-"閉ざされた庭"から"開かれた庭"へ("閉ざされた庭"のパラドックスと庭園破壊-十七世紀前半
  • 復楽園としてのイギリス-ピューリタン革命期のハートリブ・サークル
  • シヴィック・ヒューマニズムとエピクロス主義-王政復古期)
  • 第2部 公共の精神からの風景式庭園の誕生(十八世紀前半)-主導的言説の再精査(庭園の立憲君主制-アディソンにおけるブルジョワ性と相乗的関係化
  • 不協和な協和-ポープにおける商品化批判と両義性の詩学)
  • 第3部 風景式庭園の変質(十八世紀後半から十九世紀へ)(夢想の美学の成立と解体-完全な"開かれた庭"のイリュージョンとその消長
  • "開かれた庭"の終焉-レプトンにおける十八世紀的プログラムの脱=神話化)
  • 結 内部としての庭園/外部としての庭園

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イギリス風景式庭園の美学 : <開かれた庭>のパラドックス
著作者等 安西 信一
書名ヨミ イギリス フウケイシキ テイエン ノ ビガク : ヒラカレタ ニワ ノ パラドックス
書名別名 Igirisu fukeishiki teien no bigaku
出版元 東京大学出版会
刊行年月 2000.7
ページ数 250, 85p
大きさ 22cm
ISBN 4130160192
NCID BA47614881
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20095164
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想