堕ちゆく者たちの反転

道籏泰三 著

ファシズムが台頭する危機の時代、ベンヤミンは従来の「人間」理念を転倒させた「非人間」という概念を打ち出した。著者はこの謎めいた思索に、没落の歴史を眼前にしたベンヤミンの最後の希望を見る。「非人間」とは何か。「カール・クラウス」、『ドイツ悲劇の根源』、ボードレール論、カフカ論、シェルレアリスム論を軸に、ベンヤミン思想の核をなすこの独自の概念の内実と射程を明らかにする。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 破壊・停止・反転-ベンヤミンと坂口安吾
  • 第1章 「非人間」への視座-クラウスとブレヒト
  • 第2章 メランコリーからの反転-バロック悲劇作家たち
  • 第3章 憎悪からの反転-ボードレール
  • 第4章 愚かさからの反転-カフカ
  • 第5章 陶酔からの反転-シュルレアリストたち
  • 終章 回収されない無意識-近代におけるベンヤミンの位置

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 堕ちゆく者たちの反転
著作者等 道籏 泰三
書名ヨミ オチユク モノタチ ノ ハンテン : ベンヤミン ノ ヒニンゲン ニ ヨセテ
書名別名 ベンヤミンの「非人間」によせて

Ochiyuku monotachi no hanten
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
ページ数 343p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061028-5
NCID BB18298071
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22571357
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想