幾何のおもしろさ

小平邦彦 著

数学の論理を理解するには集合より平面幾何のほうがよい。問題を自分で考え、パズルを解くような楽しさや物理現象の記述に通じる自然科学としての興味深さ、さらには論理的に厳密な学問の体系を学ぶ満足感。著者がかつて学んだこのようなユークリッド平面幾何のおもしろさを再現しようという試みで書かれた1冊。文字を拡大してA5判に大型化、数学の確かな基礎力をつける定番テキストの新装版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 平面幾何の公理的構成(結合と順序の公理
  • 計量の公理
  • 三角形の合同
  • 三角形における辺と角の大小
  • 中点、垂線、直角三角形
  • 平行線の公理
  • 円)
  • 第2章 三角形、四辺形、円(三角形の諸心
  • 三角形、四辺形、円
  • 相交わる二円
  • 円論)
  • 第3章 比例(比例
  • 相似な三角形
  • 方巾の定理と三平方の定理)
  • 第4章 面積(三角形と四辺形の面積
  • 面積の応用)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 幾何のおもしろさ
著作者等 小平 邦彦
書名ヨミ キカ ノ オモシロサ
シリーズ名 新装版数学入門シリーズ
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.3
版表示 新装版
ページ数 334p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-00-029837-7
NCID BB18304957
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22553790
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想