日本仏教思想のあゆみ

竹村牧男 [著]

聖徳太子、南都六宗、最澄・空海、鎌倉新仏教…。歴史的に仏教の展開の最終段階に位置し、高度な思想を展開した日本仏教。唯識や華厳の世界観、最澄や空海の即身成仏の思想、法然、親鸞、一遍らの念仏、道元の坐禅観、日蓮の唱題-。各宗派祖師の思想の概略をわかりやすく明らかにしながら、日本人のものの見方及び考え方の特質を描き出す一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本仏教概観(仏教の伝来と南都六宗
  • 平安仏教から鎌倉仏教へ)
  • 第2章 聖徳太子の思想(太子の生涯と思想の底流
  • 「三経義疏」にこめられたもの)
  • 第3章 南都六宗の思想(南都六宗とは
  • 三論宗の思想
  • 法相宗の思想
  • 華厳宗の思想
  • 律宗の思想
  • 大乗仏教における戒律と南都六宗のまとめ)
  • 第4章 平安仏教の思想(最澄の思想
  • 空海の思想
  • 平安後期の仏教思想)
  • 第5章 鎌倉新仏教の思想(日本浄土教の思想(法然
  • 親鸞
  • 一遍)
  • 日本禅宗の思想
  • 日蓮の思想)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本仏教思想のあゆみ
著作者等 竹村 牧男
書名ヨミ ニホン ブッキョウ シソウ ノ アユミ
書名別名 Nihon bukkyo shiso no ayumi
シリーズ名 講談社学術文庫 2285
出版元 講談社
刊行年月 2015.3
ページ数 347p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292285-2
NCID BB18227233
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22544130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想