市民性の変容と地域・社会問題

青井和夫, 高橋徹, 庄司興吉 編

本書は、20世紀を終えて21世紀に飛び立つにあたり、市民性(シティズンシップ)の変容を吟味し、その具体的現れとしての地域問題や社会問題を検討したものである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 市民性の起源と現代的転回(自然法ないしは自然状態の理論の不自然性-歴史的市民社会生成の社会理論的検討
  • 見られる市民から見る市民へ-視覚的大衆の誕生 ほか)
  • 第2部 市民性をめぐる民族性と国際性(戦前日本社会の反市民的性格-天皇制軍隊の不条理について
  • 韓国市民社会論の基本構図-1987年民主化以前の評価を中心に ほか)
  • 第3部 地域問題の展開と市民性の発揚(現代市民社会の地域性-企業と地域社会の発展
  • 日本市民社会と地域格差の問題-准中枢・中枢内周縁の個性構築 ほか)
  • 第4部 市民性の解放と人生設計の吟味(現代市民社会と無意識の意識化-グループセラピーの事例に見る「日本人と母」の変容
  • 現代市民社会と入試制度の役割-大学入試と学生定員制を全廃しよう ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民性の変容と地域・社会問題
著作者等 庄司 興吉
青井 和夫
高橋 徹
書名ヨミ シミンセイ ノ ヘンヨウ ト チイキ シャカイ モンダイ : 21セイキ ノ シミン シャカイ ト キョウドウセイ コクサイカ ト ナイメンカ
書名別名 21世紀の市民社会と共同性:国際化と内面化
出版元 梓出版社
刊行年月 1999.11
ページ数 341p
大きさ 22cm
ISBN 4872622146
NCID BA44336738
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20100004
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想