おろかな人間 : ある詩人の自画像

高木護 著

[目次]

  • 目次
  • 大きくなったら一人前のおとなに / 6
  • 役者・易者・立ちん坊そして… / 14
  • 土方飯場に吹く恋の風 / 23
  • 鼻つまみこそ人夫のかがみ / 29
  • 隠坊の代役おおせつかる / 40
  • ランプの焰にゆれる死体の影 / 51
  • 何のもちあわせなく生まれきて / 61
  • ただいま、自殺中 / 68
  • おろかな人間のおろかな生き方 / 72
  • 農家とニッケの樹とにぎりめしと / 81
  • にぎりめしに揺れる天眼鏡人生 / 88
  • 野良公なら野良公らしく / 98
  • 人間たちのたたかいというやつは / 108
  • 乞食は神様にいちばん近い存在 / 116
  • 栴檀は双葉より芳し / 128
  • 酒も女も虚栄も見栄も… / 132
  • 真の愛は虫けらの世界 / 141
  • 修業第一日目の雑炊 / 146
  • 六ヵ条の〝乞食訓〟 / 154
  • 第一科-〝ゴミ箱あさり〟 / 160
  • 土下座は家伝の十八番 / 174
  • きみ、乞食の本領はだね… / 184
  • 乞食稼業四十年の貫禄 / 196
  • 四十年、八年、新参つらなって / 210
  • 自分にはつねに厳しく… / 221
  • 〝無〟というものの美しさ / 231

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 おろかな人間 : ある詩人の自画像
著作者等 高木 護
書名ヨミ オロカナ ニンゲン : アル シジン ノ ジガゾウ
出版元 オリオン出版社
刊行年月 1967
ページ数 246p
大きさ 18cm
全国書誌番号
67002180
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想