イノベーションの発生論理 : メーカー主導の開発体制を越えて

小川進 著

本書はイノベーションが発生する場所の多様性とその多様性を説明する要因に関する研究である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 本書の出発点-イノベーションの源泉とその決定要因に関する文献展望
  • 第2章 コンビニにおける店舗発注システムの革新
  • 補論 日本からアメリカへ:店舗発注システムの国際移転
  • 第3章 ユーザー起点のイノベーション-ユーザーのニーズ・プッシュとテクノロジー・プル
  • 第4章 イノベーションと情報の粘着性-定量データを用いた実証分析
  • 第5章 流通企業起点のイノベーション-コンビニ起点の製品イノベーション
  • 第6章 「拡張版」情報の粘着性仮説の実証分析
  • 結章 結論とインプリケーション

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 イノベーションの発生論理 : メーカー主導の開発体制を越えて
著作者等 小川 進
書名ヨミ イノベーション ノ ハッセイ ロンリ : メーカー シュドウ ノ カイハツ タイセイ オ コエテ
書名別名 Inobeshon no hassei ronri
シリーズ名 チクラ・マーケティング・サイエンス・シリーズ
出版元 千倉書房
刊行年月 2000.8
ページ数 1冊
大きさ 22cm
ISBN 4805107871
NCID BA47999695
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098502
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想