図解老化のことを正しく知る本 : 2時間でわかる : 健康に生きるための基礎知識

安藤進, 鈴木隆雄, 高橋龍太郎 共著

老化とは成熟に達した後にくる加齢変化です。年をとれば、身体の多くの機能が落ちてきますが、脳の結晶性知能のように必ずしも低下しないものもあります。言ってみれば、若い時とは違う状況になってきただけのことで、老化イコール障害を意味するものではないということを理解するための本です。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • なぜ生物は老化するのか-老化のメカニズムを考える
  • どうして物忘れは起きるか-脳の老化を考える
  • どうして息切れが起こるのか-心臓と肺の老化を考える
  • どうして食欲がなくなるのか-肝臓と胃腸の老化を考える
  • どうして転びやすくなるのか-筋力・バランス能力の老化を考える
  • 年をとるとなぜ骨折しやすくなるのか-骨の老化を考える
  • 歯がなくなると健康を損ねるのはなぜか-歯の老化を考える
  • なぜ老眼や白内障になるのか-目の老化を考える
  • どうして耳が遠くなるのか-耳の老化を考える
  • どうしてカサカサした潤いのない皮膚になるのか-皮膚の老化を考える〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図解老化のことを正しく知る本 : 2時間でわかる : 健康に生きるための基礎知識
著作者等 安藤 進
鈴木 隆雄
高橋 龍太郎
書名ヨミ ズカイ ロウカ ノ コト オ タダシク シル ホン : 2ジカン デ ワカル : ケンコウ ニ イキル タメノ キソ チシキ
書名別名 An illustrated guide to the mechanism of aging
出版元 中経
刊行年月 2000.8
ページ数 191p
大きさ 21cm
ISBN 4806113778
NCID BA49296175
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20098418
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想