川上音二郎と貞奴

井上理恵 著

世情を風刺した「オッペケペ節」で知られる川上音二郎(一八六四〜一九一一)は、「日本近代演劇の祖」と位置づけることができる。新聞小説の舞台化、世界巡業、西洋風の劇場の建設など多くの演劇的冒険を試みた。本書は内外の新資料を駆使して、女優・貞奴(一八七一〜一九四六)とともに歩んだ川上音二郎一座の舞台を詳細に追跡し、二人の波乱に充ちた人生をも赤裸々にする。それは日本近代演劇史研究の画期を開くであろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 川上音二郎の登場("東の京"の出現-徳川さんから天皇さんへ
  • 音二郎、登場する(明治一六年) ほか)
  • 第2章 中村座の大成功・巴里・日清戦争(中村座公演一八九一年六月
  • 中村座の二の替り・三の替り ほか)
  • 第3章 文芸作品の上演と川上座(市村座初春興行一八九五年
  • 歌舞伎座初登場 ほか)
  • 終章 「金色夜叉」初演から海外への旅立ち(「金色夜叉」
  • 初演から再演へ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 川上音二郎と貞奴
著作者等 井上 理恵
書名ヨミ カワカミ オトジロウ ト サダヤッコ : メイジ ノ エンゲキ ハジマル
書名別名 Otojiro Kawakami and Sadayakko

Otojiro Kawakami and Sadayakko : 明治の演劇はじまる

Kawakami otojiro to sadayakko
出版元 社会評論社
刊行年月 2015.2
ページ数 302p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7845-1135-8
NCID BB18266982
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22545982
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想