勝木俊雄 著

花は桜-。古来より日本人はこの花を愛し、格別な想いを寄せてきた。里の桜、山の桜。豊かな日本の自然に育まれ、多種多様な姿を見せながら息づく桜は、日本人の美意識を象徴する花といえる。生き物としての基礎知識から、人間・歴史・文化とのかかわりまで。私たちの心をとらえてやまない、花の魅力のありかを伝える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 桜の基礎知識(日本の桜
  • 桜のかたち
  • サクラの分類)
  • 第2章 "染井吉野"(桜といえば"染井吉野"
  • "染井吉野"の生い立ち
  • 命短き"染井吉野"?
  • )
  • 第3章 里の桜(人が創ったサトザクラ
  • 多様な栽培品種
  • 文化遺産としての栽培品種)
  • 第4章 山の桜(桜は生きている
  • サクラの一生
  • 十種のサクラの楽しみ方)
  • 第5章 桜のこれから(温暖化と桜前線
  • 桜の管理
  • 植える桜の種類
  • 新しい桜)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名
著作者等 勝木 俊雄
書名ヨミ サクラ
書名別名 Sakura
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1534
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 228p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431534-6
NCID BB18051181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22549793
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想