なぜ名門女子校の卒業生は、「ひと味」違うのか!

横田由美子 著

子どもたちの「将来」は、中高の六年間にかかっていると言っても過言ではない。そこには勉強より大切な何かがある。社会で活躍する女性たちの多くがその出身者である理由。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 桜蔭学園-明確な使命が成果を生む(最高の教育を受けた者同士というネットワーク
  • 責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ ほか)
  • 第2章 鴎友学園-受け継がれる「慈愛と誠実と創造」の精神が未来を切り開く(人間教育と偏差値向上
  • まず一人の人間であれ ほか)
  • 第3章 洗足学園-進学校でありながら音楽に満ちあふれる学園(建学の出発点は「女性が自立するための教育」
  • 音楽大学の附属校というイメージを一新する ほか)
  • 第4章 吉祥女子-「撫子」に託された自主性・国際力・多様性(「撫子」というシンボルの意味
  • 吉祥女子の「英会話係」 ほか)
  • 第5章 雙葉学園-最も偏差値の高いお嬢様学校(皇室とも縁が深い「雙葉育ち」
  • 徳においては純真に、義務においては堅実に ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 なぜ名門女子校の卒業生は、「ひと味」違うのか!
著作者等 横田 由美子
書名ヨミ ナゼ メイモン ジョシコウ ノ ソツギョウセイ ワ ヒトアジ チガウ ノカ
書名別名 They discover something important in life through a girls' school

They discover something important in life through a girls' school.

Naze meimon joshiko no sotsugyosei wa hitoaji chigau noka
出版元 PHP研究所
刊行年月 2015.3
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-81804-7
NCID BB18304356
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22547291
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想