国境のない教育者 : モンテッソーリ教育

レニルデ・モンテッソーリ 著 ; クラウス・ルーメル, 江島正子 共訳

1994年に「児童の権利に関する条約」が批准され、我が国においても、教育のボーダレス化は、もはや避けようのない事態であると言える。そのことにいち早く気づき、独自の教育理論を展開させたのが、本書の著者の祖母であるマリア・モンテッソーリであった。教育を一国の問題として放置しておいてはならないことは、貧困や飢餓、虐待、あるいは戦争の犠牲者となっている世界中の多くの子どもたちの状況を見ればわかるであろう。また、健やかな成長を実現するためには、人間発達の普遍的原理にそった教育が不可欠であるということもマリア・モンテッソーリの主張であった。著者は、偉大な祖母の遺志を受け継ぎ、複雑化・多様化する社会の中での教育の進むべき道について思索し、21世紀にモンテッソーリ教育が果たすべき役割について説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • みどり色の牛
  • 名前は一度もつけてもらえなかった
  • 小石の色
  • 真理を簡単に言う
  • カササギの宝物
  • どのように「NO」と言うか
  • 貧しい人は私たちに与えられている
  • お守り
  • やさしくしてあげるのは悪い
  • 醜いことば
  • 神さまの三つのイメージ
  • カモメのくしゃみ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 国境のない教育者 : モンテッソーリ教育
著作者等 Luhmer, Klaus
Montessori, Renilde
江島 正子
ルーメル クラウス
モンテッソーリ レニルデ
書名ヨミ コッキョウ ノ ナイ キョウイクシャ : モンテッソーリ キョウイク
書名別名 Educateurs sans frontières
出版元 学苑社
刊行年月 2000.8
版表示 2版
ページ数 150p
大きさ 19cm
ISBN 476140003X
NCID BA48897679
BA8798007X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
20092623
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想