ジェロニモたちの方舟

今福龍太 著

ジェロニモの末裔たちはアメリカの岸辺から世界へと流れていった"叛アメリカ"とは現代社会が無自覚に追随する自己崩壊のシステムへの根源的な異議申し立てである。キューバからハワイ、沖縄、フィリピンまで。時空間を超えて群島状に拡がった叛乱者たちの系譜を「いま」に呼び出す知的冒険の書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 アメリカ、大いなるカオスの岸辺
  • 2 グアンタナモ、死との舞踏
  • 3 ハイチ、トゥサンの島への帰還
  • 4 テニアン、破局的寓意の島
  • 5 オセアニア、小ささの神話
  • 6 長崎・沖縄・キューバ、写真群島の対位法
  • 7 チリ九・一一、詩のジェノサイドに抗して
  • 8 ブラジル、筏舟の黒いジェロニモ
  • 9 フィリピーナス、記憶の私‐群島
  • 10 ジェロニモたちの方舟

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ジェロニモたちの方舟
著作者等 今福 竜太
書名ヨミ ジェロニモタチ ノ ハコブネ : グントウ セカイロン ハンアメリカヘン
書名別名 群島-世界論〈叛アメリカ〉篇

Jeronimotachi no hakobune
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 275p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-00-061013-1
NCID BB1796206X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22550929
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想